So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

7/15購入 [コミックス購入記録]

7/15コミックシーモアで月額メニューの特典ポイントが3倍になるゲリラセール(1時間限定)がありました。
そろそろ来そうな気がしてたので、ポイント買い足さずに我慢してて大正解!
ここぞと資金投入しちゃった。
無駄使いしないように気を付けないとな。
シーモアの月額メニューは特典ポイントがかなりお得なので、電子書籍中心に買うようになってからはもっぱら月額メニュー(毎月一日に決まった金額がチャージされるもの)にしています。

ということで、購入したものは。

 イベリコ豚と恋の奴隷。②/ SHOOWA
 SUGGESTION / 崎谷はるひ

イベリコ豚シリーズ、↑のだけ未購入でした。
海王社の本が40%オフのクーポンが7/15まで使えたのでやっと購入できましたー。

SUGGESTIONは「ANSWER」の続編。
ANSWERはブックオフで買いましたが、面白かったので、続編は作家さんに還元するためにも電子で購入させていただきました。まあクーポン使ってますけども。
冒頭読み始めていますが、とりあえずずっと濡れ場です。
いったい何ページ続くのか、あとで報告したいと思います(笑

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

2019夏アニメ [アニメ]

前記事で吸血鬼が題材の作品の感想を書いていて思い出しました。

前クールから引き続き放送されているアニメ「鬼滅の刃」
すごく面白いです!
これも吸血鬼ものですが、吸血鬼=「鬼」と呼ばれて完全な悪者。討伐の対象にされています。
その吸血鬼を倒す「鬼殺隊」の隊員たちの活躍を描くいわゆる「バトルもの」です。
いかにもなバトルものは好きではないのですが、これは面白いです。
シリアスとコメディーのバランス、設定、ほか、十分大人の鑑賞に堪えるものだと思います。
禰豆子ちゃんのフィギュアがかわいい〜〜っ欲しい〜〜っと思うくらいにはハマってます(買わないけどw)


ほかに今期録画しているアニメは以下。

「彼方のアストラ」
原作全く知らないのですが、主役の一人、カナタ・ホシジマの声を、いま一番好きな声優の細谷佳正さんがやるというのでとりあえず録画して見てみたら期待以上に面白かったです。
がっつりSF!
今はBLばっかり読んで、エロがあーだこーだとおまぬけなことばかり書いている私ですが、若い頃はSF、それもハードSF(SMじゃねーよ)といわれるものを好んで読んでいたので、おこちゃま向けなSFは受け付けないのですが、これは大丈夫でした。
子どもだけが宇宙船に取り残されて生還を目指すところとか、なんかちょっと萩尾望都先生の「11人いる!」に似てますよね。それもあって親しみやすかったのもあるかも。


「とある科学の一方通行」
主役のアクセラレータを岡本信彦さんがやるというので録画してみました。
とある科学シリーズは初めて見るので、設定等全く分かっていませんが、第1回の放送見た分にはまあまあ面白そうかなー。
ラストオーダーと呼ばれる少女キャラのしゃべり方がかなーりうっとうしいので、それがどこまで我慢できるかが勝負な気がするw
あのしゃべり方にはなにか深い意味があるのだろうか。
あるんだったら我慢できるんだけど。


「ギヴン」
BLなので、もちろん録画予約しましたとも!
ノイタミナ枠を観るのはバナナフィッシュ以来。
原作未読。試し読みすらしたことありませんし、原作者のキヅナツキさんの他作品も全くの未読です。
第1回の放送見ましたが、おお、これは面白そう!
初回はただの全くの青春バンドもの。
いやもうそのまま恋愛絡まなくても十分面白そうです。
冒頭、なんか見たことあるモニュメントが?と思ったら町田でした。
真冬くんは町田市民か。オープニングで歌ってる絵があったからボーカルなんだよね、きっと。歌がうまい設定なのかな?

立夏⇔真冬 この二人が恋仲になるんでしょうかね。
来週からも楽しみです^^


録画している夏アニメは以上でございます!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

BL「レッドべリルにさよなら①~③」感想 [みちのくアタミ]

レッドベリルにさよなら①~③ / みちのくアタミ

1~2巻をしばらく積読してあったのですが、3巻発売を機にやっと読みました。
なかなか良かったので、感想書いてみます。

吸血鬼ものです。3巻完結。
漫画(や小説)の世界では、比較的よく題材として用いられますね。有名どこでは、萩尾望都先生の「ポーの一族」とかですか(すみません未読です)。

BLで吸血鬼ものを読むのは、多分これが初めてじゃないかなぁ。と思ってちょっと検索したら、雲田はる子さんの「ばらの森にいた頃」を読んでいました^^;
短編ですが大変良き作品です。

今作は、3巻にわたって描かれる長編もの。
みちのくアタミさんの美しい絵と、耽美な題材がよく合っていて素敵でした。

天涯孤独で施設育ちだけど気立てのいい美青年
    昭彦(1950年生まれ)
      x
妻も娘も見送り、独りひっそりと生きる吸血鬼
    和重(江戸後期生まれ)

吸血鬼ものは「不老不死」であるがゆえに、大事な人が出来ても、必ずその人を見送らなければならない=一人ぼっちになってしまう、という苦しみ、悲哀、が重要なモチーフ。

大事な人の血を吸って、自分と同じ吸血鬼(または半吸血鬼)にして共に生きる仲間とするか、大事な人だからこそ、吸血鬼の悲哀を味わわないように普通の人間としての生を全うしてもらう道を選ぶのか、二人がどうなるのかはネタバレになるので書きませんが。。。

3巻読み終わって気づいたのですが、1巻最初のシーンと3巻の最後ってつながってたんですねぇ。

和重を吸血鬼にした張本人:将門が連れている、半吸血鬼の美少年:師夏(もろなつ)くんがとてもとても好きでした。ラストの方で見せる涙があまりに美しくて素晴らしかったです。

真面目に感想書いてみようと思ったけど、やっぱり私には無理だった…[もうやだ~(悲しい顔)]

ちなみにエロですが
1巻はエロなしですが、2~3巻にはあります。
エロ表現には定評のあるみちのくアタミせんせいなので、そこはホラ期待通りの感じかなw
みちのくアタミ先生の絵って、顔が抜群にきれいだけど、身体もめっっちゃきれいですよね。なんなんだもう。
ありがたいしかない。

そういえば、結局題名の意味がよくわからず。
レッドベリルって、調べたら赤色のエメラルド(かなりの希少な貴石)のことらしいのですが
赤は血の色のイメージだと思うんだけど、それにさよなら・・・?
あ、そういう・・・?いや違うか・・・?
正解は何だろう。

レッドベリルにさよなら 1/みちのくアタミ
レッドベリルにさよなら 2/みちのくアタミ
レッドベリルにさよなら 3/みちのくアタミ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

BL小説「ANSWER」購入&感想 [崎谷はるひ]

7/9購入
 ANSWER / 崎谷はるひ

いつもコメントしてくださるritsukoさんにお薦めしていただいた1冊、ブックオフで見つけたのでさっそく買ってみました。
BL小説を紙で買ったのは初です。

BL小説は笠井あゆみさんの表紙絵に魅かれて、3冊ほど電子で持っているのですが
崎谷はるひさんの作品は初購入。

崎谷はるひさんといえば、崎谷さん原作で山本小鉄子さんが漫画担当した
「あしたのきみはここにいない」
「あの日のきみを抱きしめたなら①②」
の3冊を読んでいます。
どれもせつなくて胸がいたくて、最後は素敵なハッピーエンド。エロはさらっと。

本作も上記3作のようなイメージでいたのですが。

冒頭からとんでもなく濃厚な濡れ場が。
ひぃ~~~えっちだぁ!
いやもうえっちとかじゃなくて、どエロい~~~!
ぎゃぁ~~~漫画とじぇんじぇんちがうぅ[あせあせ(飛び散る汗)]
「崎谷さんの作品はどれも濃い」ってritsukoさんが言ってたのはそういう意味だったんですかぁ⁈こりゃとんでもないエロ本を薦められてしまったぞぃ・・・(感謝)
と思いながら読み始めました(笑

一流企業に勤める優秀なイケメン営業マン真芝(28)
         x
穏やかで人柄の良い保育士(もちろん♂)秦野(33)
のお話。
失恋したショックでやけ酒をあおった攻めが、下の名前が振られた恋人と同じ受けを強姦するところから二人の奇妙な関係が始まるのですが・・・
攻めの煩悶や葛藤、意外に強かな受け、体の関係だけだった二人が紆余曲折を経て(←説明めんどくさくなってるw)甘々なCPになるまでのお話でした。

漫画と違って、小説は読みごたえがあるといいますか、1冊読み終わるのに時間がかかるので、確かにコスパはいいですね。
二人の関係が一山超えていよいよラブラブになるのかな?と思ったら、その先にもっと大きい山が出てきて
おおぅ、ここからまだそんな展開が…ワクワク、となりましたです^^

今作を読んで認識したのですが
私はどうも絵から読み取るのが少々苦手というか、まあ絵は白抜き修正などの関係もあり、特に濡れ場の接写は「これ今何やってんの?この線は腕なの?足なの?それともヘソなの?」とか思って集中できなかったり、微妙な表情のときはその感情が読み切れないことがままあるのですが、小説だと文章で全部説明してくれるので、とってもスムーズに頭の中に入ってくるんですね。
だから余計に濡れ場のエロスが効いちゃったのかもしれない(笑

強姦始まりほかいろいろ濃かったけど、とても良きお話でした。
続きの「SUGGESTION」買わなくちゃーーー♪
お薦めしてくださったritsukoさん、どうもありがとうございます!
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:

BL「こいつはダメだと知っている vie ensemble第2話後編」購入&感想 [吉田実加]

7/12購入
 こいつはダメだと知っている
       vie ensemble 第2話後編 / 吉田実加

7/12 こいダメ最新話が配信開始しました。
今回は美容師さんのお仕事事情が知れて面白かった。
清水がほんと変わったなぁ。
や、もともと別に人嫌いなわけじゃないんだよね。
昌と付き合うことによって、元の性格が素直に出せるようになってきてるんだろうな。

裕也がまだ昌に未練ありありでかわいそう・・・
こんなイケメン、いつまでもフリーにしておくのもったいないからw早くいい人とくっつけてあげてほしいな。

こいつはダメだと知っている vie ensemble【第2話後編】【特典付き】【電子書籍】[ 吉田 実加 ]



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

BL「カンチガイラバー」感想 [木下けい子]

前記事でも少し触れましたが、木下けい子さん作のラブコメ「カンチガイラバー」(初版2018年11月)とっても面白かったので感想書きます。

以下↓多少ネタバレますのでご注意ください。

王子顔&紳士的性格で老若男女をたぶらかす「勘違い製造機」で部下の佐伯くん(24)x仕事がデキて頼れるクールビューティーだけど裏では妄想が止まらない乙女脳上司の白鳥さん(32) のお話。
最初は上司の片思いなところから始まるのですが、彼の脳内思考や妄想関連が面白くて面白くてツボりました。
柿ピーのピーナッツで妄想ごっこ始めた時には、斬新すぎて戸惑いましたけどwww

佐伯くんが白鳥さんを恋愛的に好きになる過程(理由)がちょっと弱いというか、うーん…?て感じは少しあったのですが、1冊で完結のお話なので多少の性急さはしょうがないところかもしれません。
その部分を差し引いても、もう充分に面白かったです。

1冊完結なので、サクッと手軽に楽しむのにちょうどいい作品ではないかと思います。
私的お薦めBLです^^

カンチガイラバー (ディアプラスコミックス) [ 木下けい子 ]



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

BL「灰かぶりコンプレックス①②」感想 [木下けい子]

7/10購入
 灰かぶりコンプレックス② / 木下けい子

続きが気になってしょうがなかったので、ツイッター限定10%オフクーポンで購入しました。
10%オフクーポンは、欲しい新刊が出たばかりの時以外にはあまり使わないのですが・・・

以下↓感想。多少ネタバレますのでご注意を。

日米ハーフで外見モデル級のCEOで料理も上手ないわゆるスパダリ攻めx純朴童貞平凡受のお話。
スパダリx平凡・・・大好きなヤツやあ!w
作者の木下さんもカバー折り返しで書いているのですが、攻めのスペックがとにかく凄い。
受けとの差があまりに激しくて・・・
受けくんの親友じゃないけど、うまくいくんですかね?このCP・・・と心配中w
受けくんがまた純で一生懸命で健気でねぇ。
なんとかセフレ関係を脱却するところまでようやくこぎつけましたが、あの恋愛童貞のスパダリ王子が完落ちするまでにはもう少し時間がかかりそう。ということで2巻でもまだ完結していません。
続きはいつ出るのかなぁ。楽しみです♪

木下さん、絵の雰囲気から勝手に、シリアスでセンシティブな真面目路線なのかと思い込んでいたのですが
「カンチガイラバー」とか今作は、完全にラブコメです。
もちろん切なくきゅんとするシーンもあるのですけど、私的にはとっても「笑える」ところが気に入りました。
ツボりすぎて読むのを中断するときがちょこちょこ。
読み終わると「はーーー面白かったぁ!」という感想が素直に出ます。
ドシリアスな作品もあるみたいなので、少しずついろいろな作品を読んでいきたいです。

灰かぶりコンプレックス(1) (H&C Comics ihr HertZシリーズ 252) [ 木下けい子 ]
灰かぶりコンプレックス(2) (H&C Comics ihr HertZシリーズ 264) [ 木下けい子 ]

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

7/9購入 [コミックス購入記録]

灰かぶりコンプレックス① / 木下けい子

コミックシーモア最終日のスイカ割りクーポンは2割引。
またまた木下けいこさんの作品を購入してしまいました。
前日買った「カンチガイラバー」読みましたが、やっぱりすごく面白くて…
木下けい子さん、はまってしまったようです。
あんな多作の作家さん、追っかけるの大変なのにぃ…(泣
今作、冒頭少しだけ読み始めてますが、さっそく面白いw
うあーーーやばい(←両方の意味で)

灰かぶりコンプレックス 1 【電子限定おまけマンガ4P付】【電子書籍】[ 木下けい子 ]



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

7/8購入 [コミックス購入記録]

カンチガイラバー / 木下けい子

今シーモアではスイカ割りクーポン配布中。
30%オフクーポンが当たったので、早速木下けい子さんの作品を買いました。
読むの楽しみぃ。

カンチガイラバー (ディアプラスコミックス) [ 木下けい子 ]



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

BL「今宵おまえと①~③」感想 [木下けい子]

今宵おまえと 一章、二章、最終章 /木下けい子

初読み作家さんです。
木下けい子さん、作品がありすぎて、どれから手を付けてよいものやらわからずにここまで来ていたのですが、本作の1巻が半額割引になっていたので、これを機会に読んでみました。
一章:初版2010年。

きのうの記事に引き続き、親友を好きになっちゃって~てやつです。どんだけそのシチュ好きなん(笑

ただし、こちらは社会人ものです。
親友を好きになって10年、思いも告げずに友達のままでいようと我慢をしていたのに
その親友がうっかり?職場の後輩(男!)とヤッちゃった、という話を聞いて衝撃を受け(そりゃそうだw)、そこから恋人に昇格しようと頑張るお話です。
3冊かけてじっくりと二人の関係が変化していく様子を見ることができます。
受の性格というか、反応がかわいいんだよねぇ。
好きになってしまう気持ち、よくわかります。
視点が2話ずつ攻と受で入れ替わるので、二人の思いがよくわかり、それだけにすれ違ったりするとこなんてもうハラハラドキドキ。
受と関係を持った職場の後輩と、攻の上司(巨乳シングルマザー)がちょっとしたスパイスになりつつ、最後の最後まで目の離せない展開です。

最初、半額になってる1巻だけ試しに買おうかな、とか思っていたのですが、3冊一緒に買っておいてよかった。一気読みでした。

次は何を買おう?

 ↓木下けい子さんの描くスーツ
  すごく様になっててかっこいい表紙です。

今宵おまえと 一章【電子書籍】[ 木下けい子 ]
今宵おまえと 二章【電子書籍】[ 木下けい子 ]
今宵おまえと 最終章【電子書籍】[ 木下けい子 ]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | -