So-net無料ブログ作成

ドラマ「きのう何食べた?」最終回 [ドラマ]

4月から毎週楽しみに観ていたドラマ「きのう何食べた?」ついに最終回を迎えてしまいました(泣

さっそくブルーレイにダビングして1話から見直しましたけど、最初の頃って結構シリアスというか、シロさんもけっこうきつい物言いしてるし、暗いシーンが案外多かったよなぁ、と思い出しました。
だんだんとシロさんが変わって行く過程を演出するためだったんですねぇ、きっと。
最終回の2人のラブラブさったら。
2人がぎゅっとするシーン、たーーーっぷり見せてくれて…あれ、とってもよかったなぁ。
ラストの「エビエビ〜♪」のシーンて内野ケンジさんのアドリブっぽかったですよね。
それに対して西島シロさんの返しもバッチリで、ほんとこれで終わってしまうのがもったいないなあって…
原作まだタップリあるんだし、2期、3期とシリーズ化して欲しいです。

役者さんの演技が素晴らしかったのはもちろんなのですが
今回のドラマ化で一番感心したのは、脚本の良さです。
原作そのまんまではなく、原作のエピソードをあちこちうまく使いつつ、オリジナルな部分も入れて、でも、原作の雰囲気やキャラ設定は壊さず、実にうまくドラマだからこその魅せ方ができていたのでは、と思いました。
まあ、ド素人目線の評価なので、玄人さんや専門家から見たらどうなのかはわかりませんが、とにかく素晴らしいなあ、と毎週見ながら思っていました。

それだけにシロさんの実父役が途中交代してしまったのが残念でなりません。
11話で田山涼成さんが出てきたときには「はっ?何このおじさん、何者なの?なんでここで出てきた?」って頭の中がハテナだらけになりましたよっw
いや、田山さん素敵な俳優さんですし、シロさん父としては、なかなかナイスな配役だと思うんです。
でももう頭が完全に志賀廣太郎さんの父親で固まってたので…
最初から田山さんが父親役だったらなんの違和感もなく受け入れてたと思いますが、やっぱり途中交代はキツイ。
でも、田山さんの演技はシロ父として違和感なかったですし、さすがだと思いました。
そして志賀さんの早い回復をお祈りしております。

とにかく、この3ヶ月たっぷり楽しませていただきました。
このドラマ制作に関わった全ての方に感謝です。

nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 4

まるこ

こんばんは。
最終回だったんですね。
途中から録画溜めで、まだ観れてないから、
これから一気に観よう^^

ドラマ化が決定して配役が発表された時、
内野さんの方がシロさんっぽいのにって
思ってたけれど、いざ始まってみたら、
完璧にケンジでしたよね^^
きっとこの場面アドリブなんだろうなーって
息ピッタリの場面がたくさんあって、楽しいです^^

by まるこ (2019-06-30 23:53) 

まゆり

>まるこさん
nice!とコメントありがとうございます^^
一気見いいですね!
明日仕事休みだから私も一気見しちゃおうかな。
って今現在でもそこそこの回数見返してますがw
ケンジがねぇ、ほんとにケンジでしたよね。
あと、漫画のシロさんは笑顔のシーンてそんなに多くないと思うんですけど、西島シロさんのあの笑顔、かわいくてたまりませんでした。
この3か月ほんと楽しかったです♪
by まゆり (2019-07-01 21:20) 

ritsuko

まゆりさん、こんにちは。
関西は昨日が最終回の放送でした。
前回のホームパーティでのシロさんがお正月にケンジを家に連れていく覚悟みたいなものを語るシーンや今回の家族とのシーンも泣けて泣けて。
まゆりさんがおっしゃるようにシロさんの成長物語というか、自分を受け入れていく過程をとっても上手く脚本にされてたんだなぁと思いました。
そしてエンドロールのキッチンに立つふたりの会話、あれは絶対 内野ケンジさんのアドリブですね!シロさんの笑顔が素だった。(笑)さすがは内野さん! このお二人の俳優さんあっての「何食べ」でしたね。
どこに訴えれば続編 聞き入れてもらえるかなぁ・・・(笑)まだまだお話は続いているので2期、3期も期待したいですね!!

by ritsuko (2019-07-02 10:46) 

まゆり

>ritsukoさん
ドラマは漫画よりも感情の起伏がおおきく演出されてましたね。わかりやすくてよかったと思います。
私もあの回はシロさんの泣き顔につられて泣いてしまいました。
一番笑ったのは指輪の回かなぁ?
笑って泣けて、ほんと良きドラマでした。
by まゆり (2019-07-02 21:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。